~ 劇団公式twitter ~

最新公演情報

 

 各回50席限定!

チケットご予約承り中!

 ⇒ こちら からどうぞ

 

第72回公演

 

  原作 ジョン・トレハン

  翻訳  高野 利也

  脚色・演出 日下部佐理


 

《日時》

2019年 12月

 20日(金) 19:00~

 21日(土) 14:00~/19:00~

 22日(日) 14:00~

   (上演予想時間 約2時間30分)

 

《会場》

元町プチシアター

 JR・阪神元町駅西口を浜側へ出てすぐ 

  元町プラザビル6階 612室

 

《チケット》

前売・予約

 一般 2,400円 / 中高生 1,200円

当日

 一般 2,600円 / 中高生 1,300円

      (小学生以下は無料)

  各回50席限定!

 チケットご予約承り中!

 ⇒ こちら からどうぞ

 

《出演》 (予定・敬称略)

フリードリッヒ・リター

 髙井幸康

ドール・シュトラウヒ

 葉兜ハルカ(劇団木田部)

ハインツ・ウィトマー

 寺川昌宏

マルグレット・ウィトマー

 高木愛美加

ハリー・ウィトマー

 結美おはな子

ワグナー・ボスケ(バロネス)

 そーた

ルドルフ・ロレンツ

 檜山みつき

ロバート・フィリップソン

 守岡紫苑

フェリッペ・バルディビエゾ 他

 平田涼

ジョン・トレハン博士 他

 大西忠司(㈱ミュージックバンカー)

クリスチャン・エスタンパ 他

 ヒラジ

旅行記作家フランク 他

 堀未宙(神戸電子専門学校声優タレント学科)

 

 各回50席限定!

チケットご予約承り中!

 ⇒ こちら からどうぞ

 

《スタッフ》

照  明 吉田業

音  響 伊田洋海(㈱Nerve Sounds)

舞台美術 日下部佐理

宣伝美術 terany0819

HP管理 terany0819

制  作 蓬莱真佐子

     諫山仁恵

     北井さやか

協  力 神戸電子専門学校

     神戸市青少年会館

     劇団四紀会

     明々工業株式会社

     KCスタジオ

     シバイエンジン

 

主  催 劇団風斜

 

 

 英国の動物学者ジョン・トレハン(大西)は、研究の為に渡ったエクアドルのガラパゴス諸島で、島の住人から、ある奇妙な話を聞かされた。

 

 1929年、ガラパゴス諸島の一つフロレアーナ島にドイツ人の男女が移住してきた。男はフリードリヒ(高井)という医師、そしてその愛人のドール(葉兜)

 二人はフリードリッヒの掲げる独自の哲学思想を実現するべく、新天地へやって来たのである。

 二人の生活ぶりは、『楽園のアダムとイヴ』のように紹介され、それを見てさらなる移住希望者が島を訪れるようになった。

 そんな移住希望者の内、1932年夏に移住してきたのが同じドイツ人のウィトマー一家である。

 (第一次)世界大戦の影響で心を傷めた家長のハインツ(寺川)、身重の妻マルグレット(高木)、そして病弱な息子のハリー(結美)。ハインツは「この移住が自分も含め家族全員の療養になる」と考えていた。

 だが、フリードリッヒとドールはこの一家を快くは思わなかった。二人だけの理想郷を造りたいのに、一家が現実的な自給自足の生活を持ち込んできたからだ。こうして二組は距離を置いて生活するようになった。

 更に同年秋には、『バロネス〔女男爵〕』を自称するドイツ人の女性ワグナー・ボスケ(そーた)が、内縁の夫フィリップソン(守岡)、愛人のロレンツ(檜山)、大陸で雇ったバルディビエゾ(平田)という三人の男を従えて移住してきた。

 バロネスは「この島に高級リゾートホテルを建設する!」と、知事やマスコミら(ヒラジ・堀未宙)を巻き込んで一方的に準備を進め、先の住民たちから反感を買う。

 こうしてお互いを快く思わないまま三組の生活は続いた。

 だが1934年、バロネスが突然「フロレアーナ島を出る」とウィトマー一家に伝えたことから事態は急変。

 不可解な出来事が次々と起こり、結果的に複数名の不審死・行方不明者を出す事件へと発展する。

 

 果たして、生き残るのは誰か? 犯人は誰か?

 そもそもこれは、事件なのか? 事故なのか?

 

 トレハン自身も答えを見出だせなかった赤道直下のミステリー。

 貴方は真実に辿り着けるか!?

 

 各回50席限定!

チケットご予約承り中!

 ⇒ こちら からどうぞ